宇都宮市兵庫塚の歯医者さん わかば歯科 の交合誘導・小児矯正

お母さん、お子さんの歯並びに隠された本当の意味をご存知ですか?

kyosei-img02.jpg
kyosei-img.jpg

親御さんはいつでもわが子が健やかに育つことを願うのは当然ですが、歯並びが全身の成長をも左右する重要な鍵とはあまりご存じないと思います。
ただ歯並びがきれいにするということだけではなく、それにより顔貌までもが大きく変化することを理解してください。
そのことをわかっていただくために、無料相談をおこなっていますので、ご利用ください。(要予約)


ご両親がお子様の歯並びや顎の形がおかしいかなと思っても様子を見ましょうといって、小学校中学年まで放置してはまずいのです。気づいたときが治療の時とお考えください。
遅くとも小学校低学年までにはなんらかの指導が必要になることが多いのです。
具体的には10歳まで、犬歯が生えてくる前までがもっとも重要と考えます。
また矯正も低学年から行うことで早期にしかも安価に処置できることが多いのです。

できれば抜歯をしないで豊かに発達した安定したかみ合わせを獲得することが人生において限りない財産になります。
そのため、当院はワイヤー矯正だけではなくマウスピース矯正(プレオルソ)・床矯正治療も導入しています。

 

21世紀の矯正治療(顎拡大療法)SHTAを開始しました。

いまある床矯正装置のスタイルはかなり昔から開発され、普及していますが、ワイヤーを用いた矯正方法に比べていくつかのデメリットがあることも事実です。

  • 1日に最低連続12-14時間以上入れておかないと効果が少ない。
  • ネジ式で本人か保護者の方がまかないといけない。また痛みがあると入れて置けないので後戻りすることがある。その場合は巻き戻ししなければならない。
  • 個々の歯の移動ができないので拡大後に別の装置の選択をすることになる。 
  • 拡大量が少ないので何個か使用することになる。 

などなど・・


これらの問題を一挙に解決するのが川崎の星岡先生のグループが開発したSH療法です。
これは特許を取得した特殊なコイル式の拡大装置を使用するのと強固な維持装置や個々の歯を動かす
ワイヤーなど多機能な矯正システムを用いた顎拡大療法のことです。

特徴は

  • 1日10時間まででよい。(寝る1-2時間前に装着すれば就寝時の間でもOK)
  • ネジを巻く必要がないので楽。風邪などを引いていれてなくても、自動的に拡大をしてくれるので、巻き戻しなどはいらない。
  • 個々の歯を動かすことも可能。
  • 拡大量は今までの2倍。

などなど・・・

いままでの床矯正を一新する、まったく新しいシステムです。
また睡眠時無呼吸症候群、顎関節症の治療にも応用されはじめていて、単なる矯正治療の枠組みを越えた可能性を秘めています。
現在、栃木県では数軒しか導入していません。

http://www.shta.jp/

<SH装置後、半年でこのように拡大します>

sh_befor1.jpg   sh_set.jpg   sh_after2.jpg
SH療法前   SHセット   SH療法後

 

床矯正の弱点

.png早いうちから行えば大変効果の高い床矯正ですが、かなり狭い顎などでは長期間にわたって装着して拡大する必要があります。
年齢や性格によってはもっと急ぐ必要があるケースや床矯正装置による
お口の中が狭くなることによる舌の位置の不良で前歯が空いたり、顎の位置が悪くなることが考えられる場合にはこのような固定式の急速拡大装置でおよそ半年で上顎を
大幅に広げることができます。この装置では口呼吸も改善することがあります。


株式会社ASOインターナショナル提供

 

咬合誘導・筋機能療法について(マウスピース・プレ矯正)

kyosei-img05.jpg乳歯と永久歯が混在する時期(乳歯のみの時期でも歯列不正が予想される時期)においては積極的に筋機能トレーニングを行い 顎の発育を促す必要があります。(必要以上に大きくなることはありません。その方の本来の状態に戻してあげるだけです)
前歯を動かす力は1.7グラムで十分ですが舌の力は500グラム、下唇は100-300グラムの力を持って常に活動しています。
ですから舌を使って前歯を押す癖や唇や爪を噛む癖で歯並びは容易に変わることは想像がつくと思います。
頬ずえをつくだけでも顎関節は、ずれてしまいます。
できれば初期段階で適切な力のコントロールができるようになることが大切です。 また受け口や鳥貌(下顎が奥に入ってしゃくれている状態)、下の前歯が見えない深い噛み合わせ、開口も発達段階であればきれいな横顔にすることが可能になってきます。
検査後にその方の状況にあった専用マウスピースを、日中1~2時間と就寝時に装着します。 とりはずし式で、使用は自宅においてのみです。

最近では矯正専門医の大塚先生が考案されたプレオルソが非常に効果が高いのでこれを主に使用することが多いです。床矯正は水平位での2次元的な移動に優れていますが、垂直的な動きはできません。またいままでは移動後に筋機能トレーニングをおこなってきましたが、ケースによりこれだけで簡単な移動と拡大、筋機能トレーニングも可能なことがあります。

一般の矯正治療よりも、手軽にできる矯正ですが、使用法を守り、きちんと装着を 続けることが床矯正以上に大切になりますそうすれば、歯並びが改善し、あごの位置も改善されます。

一番大事なことはお子様といっしょにきれいにしていくんだという意思をもってください。そして応援してあげてください。
直すのはご本人です。私達はそのお手伝いをします。

kyosei-img04.jpg   kyosei-img03.jpg   kyosei-img06.jpg

medium.jpg 

↓ 詳しくは、こちらでご覧になれます。 

Myofunctional Research Co.

 

矯正治療における当院の姿勢について

近年、拡大療法においてのトラブルが報道されてきています。かならず非抜歯で治せるとか簡単に治せるというものです。当院では子供の発育に応じて可能なかぎり抜歯をせずに歯列を健全な状態で治すことを目標におこなってきました。

しかしながら全てのケースで抜歯せずに並べることは残念ながらできません。成長発育にはおのおのの段階がありそれを越えると拡大矯正はできないことがわかっています。また無理に拡大することでの弊害もあります。(特に下顎)

またお子様のモチベーションがあまり高くない場合などは取り外し式はあまり効果はありません。また御両親の御理解御協力も大変重要です。その場合はワイヤー矯正、急速拡大、抜歯、虫歯にならない範囲で削合などを行う必要があります。(これらは通常の矯正でも普通に行われているものです。事前の説明でお話しています)

また当院では対応できないような重篤なケースもあり(主に骨格的な問題、成人ですでに成長が終了していて極度の歯列不正、顎関節がずれているなど)、現在新しいシステムを導入する予定で準備しておりますが、当面は信頼できる矯正専門歯科医院へ御紹介しています。これらについては無料相談でお話しています。


新着情報

お子様のお預かりサービスを行っております。

詳しくはこちら

宇都宮市 わかば歯科

【診療時間】

◆平日
9:00~13:00
15:00~19:00
◆土曜
9:00~12:00
14:00~17:00
◆休診日
水曜、日曜、祝祭日


おかげさまで多くの方に支持いただき、ご予約が取りにくいことがあります。 衛生管理や専任衛生士体制の為、予約制を徹底させていただいておりますので、電話予約をおとりになられるようにお願いいたします。(初診急患の方は予約優先にはなりますが、なるべく診察させていただきたいと思っていますので、何卒ご了承の上まずはご一報くださいますようお願いいたします。)


【所属】

日本顎咬合学会
アンチエイジング歯科学会
日本審美歯科学会
国際歯周内科学研究会
日本口腔感染症学会会員
姿勢咬合医研究会会員
国際口腔インプラント学会
床矯正研究会 

日本顎交合学会認定医
DGZI(ドイツインプラント学会)認定医
国際インプラント学会(ISOI)認定医
歯科医師臨床研修指導医
アソアライナー認定

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
028-655-4618